Skip to content →

Kotlinをwindowsで動かした

お久しぶりです。
生きてます。写真撮ってます。現像してません。RAWがすごいことになってます。


うちにはmacがないのでwindowsでkotlinを動かしました。
備忘録みたいなもんです。

この辺りを参考にします。
https://kotlinlang.org/docs/tutorials/command-line.html

といってもGithubのReleasesから入手してパスを通すだけでした。
https://github.com/JetBrains/kotlin/releases

おもむろにパスを通したらkotlin -versionが通るか確認。

> kotlin -version
Kotlin version 1.1.2-5 (JRE 1.8.0_131-b11)

エディタはsublime text3を使っているのでkotlinのsyntaxを入れました。

おもむろにpackage controlを開いてkotlinで検索して以下を導入。
https://github.com/vkostyukov/kotlin-sublime-package
sublime text2とかいてありますが使えました。

あとはkotlin用にbuildスクリプトを書きました。
Tools -> Build System -> New Build System… を選択し、以下を保存。

{
    "cmd": ["kotlinc","$file_name","-include-runtime","-d","${file_base_name}.jar","&","java","-jar","${file_base_name}.jar"],
    "working_dir": "$file_path",
    "selector": "source.Kotlin",
    "shell":true,
}

buildしたjarをjavaで実行しています。
ハローワールドしてちゃんと動くか確認です。

package test

fun main(args : Array<String>) {
    println("Hello, World!")
}

Ctrl+Bで実行

Hello, World!
[Finished in 2.6s]

めでたしめでたし。


おまけ
以下はclassファイルを出力して実行する場合。
最初はこっち使ってたけど、読もうとしているKotlinスタートブックに合わせて上のほうを使ってます。

{
    "cmd": ["kotlinc","$file_name","&","kotlin","${file_base_name}Kt"],
    "working_dir": "$file_path",
    "selector": "source.Kotlin",
    "shell":true,
}

Published in Others